phpizeコマンドでモジュールを追加する

 

こんにちは。大阪支店のいかわです。

先日phpizeコマンドを使用してphpのモジュールを追加したのでその方法を記載します。
本コマンドを使用することでミドルウェア環境を再構築する(=コンパイルし直す)必要がありません。そのため既に構築済の環境でもモジュールを追加することが出来てとても便利です。

今回はopensslモジュールを追加したのでその手順になります。

※環境によってはphpizeコマンドを実行出来ない場合もありますので、適宜実行環境を確認ください。

続きを読む

Azure仮想マシンバックアップの操作方法

はじめまして。ジェニオ大阪支店のいかわです。

先日OSの設定変更作業前にAzureポータル上でバックアップを作成しました。
作業の備忘としてAzure仮想マシンのバックアップ方法を記載します。
今回は「Recovery Service」を使用して「仮想マシンのバックアップ」を取得し復元する所までになります。
※「ファイルとフォルダ」を取得する方法もありますが、今回は実施していません。
ご興味のある方はマイクロソフト公式ページも合わせて参照ください。

続きを読む

第一回初心者向けAzureサーバー構築ハンズオン – 社内技術者会議レポート

この記事は、2017年5月25日(木)に社内行われた社内技術者会議のレポートです。

※弊社では月1回技術者会議という機会を設け、テーマを設定して勉強会を開催したり、社内での業務に関係するルール決めなどを行っています。

経緯

弊社案件でAzureでのサーバー構築を行う機会が多いのですが、簡単な構築でもインフラエンジニアの方に任せっきりになっていることが多い現状ということもあり、一度ハンズオンという形でサーバー構築の手順を踏んでみることで、少しでも理解を深めて可能なところは改善しようという趣旨でハンズオンを行いました。

注意事項

ハンズオンの内容については、弊社で判断し進めている部分がありますので、必ずしも実施した内容が正しいということではありません。

また、実際に同じ手順で行う場合、利用料等がかかる場合がありますので、
お試しの際は自己責任でお願いします。

ゴール設定

  • 参加者それぞれが1台のWindowsサーバーを作ってみる
  • 自分の作った環境にリモートデスクトップで接続してみる

ハンズオン目次

  1. Azureポータルにアクセスし、ログイン
  2. リソースグループの作成
  3. VirtualMashine(仮想サーバー)の作成
  4. リモートデスクトップで接続して確認
  5. 削除について

ハンズオン内容

Azureポータルにアクセスし、ログイン

ログイン後トップ画面

ログイン後トップ画面

リソースグループの作成

リソースグループとは・・・環境をグループとして管理する為のものです。
手順:左メニューのリソースグループから作成します。

リソースグループ作成画面

リソースグループ作成画面

VirtualMashine(仮想サーバー)の作成

左メニュー上部の+ボタン>Computeをクリックします。

選択するマシンはなんでもいいですが、今回は Windows Server 2012 R2 Datacenter を検索して選択します。
デプロイ モデルの選択はResource Managerを選択します。

マシン選択状態画面

マシン選択状態画面

マシン選択後画面

マシン選択後画面

1.基本

基本設定の構成
  • 名前・・・分かりやすい名前を付けます(testwinsrv)
  • VM ディスクの種類・・・HDDを選択します(なんでもいいですが、HDDを選択しないと今回選択するサイズのA0、A1が出てきません)
  • ユーザー名・・・ログインユーザー名
  • パスワード・・・ログインパスワード
  • パスワードの確認・・・ログインパスワード再入力
  • サブスクリプション・・・請求はサブスクリプション単位になるので、請求先ごとにサブスクリプションを作成します。
  • Resource group・・・先ほど作成したリソースグループを選択します(この時点でも作成可能です)
  • 場所・・・東日本を選択します
  • お金を節約・・・既に所有しているライセンスを所有している場合は設定することで節約が可能です
基本設定の構成入力後画面

基本設定の構成入力後画面

2.サイズ

仮想マシンのサイズの選択

A0、A1が低価格なので今回はどちらかを選択します。案件の用途と予算に合わせて上位プランに変更することを検討します。
手順:すべてを選択から A0 か A1 のサイズを選択

サイズ選択後画面

サイズ選択後画面

3.設定

オプション機能の構成
Storage
  • 管理ディスクを使用・・・はいを選択します
ネットワーク
  • Virtual Network・・・(新規) testgrp-vnet(自動生成されます)
  • サブネット・・・default (10.0.1.0/24)
  • パブリック IP アドレス・・・(新規) testwinsrv-ip(自動生成されます)
  • ネットワーク セキュリティ グループ・・・(新規) testwinsrv-nsg(自動生成されます)
拡張機能
  • 拡張機能・・・拡張機能なし(そのまま)
高可用性
  • 可用性セット・・・なし(そのまま)
監視
  • ブート診断・・・有効(そのまま)
  • ゲスト OS の診断・・・無効(そのまま)
診断ストレージ アカウント
  • 診断ストレージ アカウント・・・(新規) testdiag52918(新規で作成します。用途などが分かり易い名前を付けます。)
診断ストレージアカウント作成後画面

診断ストレージアカウント作成後画面

設定入力後画面

設定入力後画面

4.概要

設定した内容が表示されます。
OKボタンを押して、10分程経つとサーバーが出来上がります。

設定内容確認画面

設定内容確認画面

サーバー作成中画面

サーバー作成中画面

リモートデスクトップで接続して確認

作成後、左上の起動ボタンを押し、リモートデスクトップを行う為のRDPファイルをダウンロードします。

RDPファイルをダブルクリックして、設定したアカウント情報でログインして起動します。

起動ができれば完了です。

サーバー作成後画面

サーバー作成後画面

リモートデスクトップログイン画面

リモートデスクトップログイン画面

リモートデスクトップログイン後画面

リモートデスクトップログイン後画面

削除について

テストで作成したものは消しておきます。削除はリソースグループごと消すと関連しているものも同時に削除してくれます。

リソースグループ削除画面

リソースグループ削除画面

まとめ

Azureサーバー構築ハンズオンを通して、簡単な設定ではありますが、初心者の私でも比較的容易にサーバー構築を行うことができました。細かい設定等聞き流してしまった部分があるので、次回もう少し突っ込んだ形でのハンズオンを開催できればと思います。

以上です。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

だんごむし先輩の社会人入門(初回投稿)

こんにちわ!はじめまして!
株式会社ジェニオの、だんごむし先輩です。

※弊社デザイナ作 だんごむし先輩①

2017/06/01(木) ブログ始めました。

このブログカテゴリでは、これから社会人として、やっておいたほうが良いこと、

主にマナーや、仕事のやり方、その他エトセトラについて、

このブログを通じて、どんどん発信していきたいと思っています。(不定期)

新入社員の方をはじめ、係長の方も、是非ご一読頂ければ幸いです。

※この内容には、私個人の見解が多く含まれますので、全部正しい!ということはありませんので、予めご了承下さい。

はじめの挨拶はここまでとして、
次回の初回テーマ予定は、

「メールの書き方、メールのマナー」について。です。

乞うご期待

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

扱って欲しいテーマ、内容についての批判、
応援メッセージお待ちしています。
※ただし投稿頂いた内容は、基本的には非公開となります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓