【メール作法】誤った言葉遣いをしないために(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メール送信

よく耳目にふれる「間違えてるんじゃないか?」
と思う言葉をピックアップして、
今一度、正しく日本語を遣っていこう第二弾は、
敬語(尊敬語)の使い方です。

”メール作法”からはちょっとズレているのはご愛嬌で。

前回は同じ音でも、漢字とひらがなによって意味が異なるもの、
をまとめましたが、今回はシンプルに、
間違った敬語の遣い方を取り上げたいと思います。

さて、早速参りましょう。
(ちなみに「参る」「まいる」も漢字とひらがなに注意しましょう)

※敬語の種類としてはこんな感じでしょうか。これを念頭に置いて進みましょう。
・尊敬語 … 目上の人の動作を敬った表現(相手)
・謙譲語 … 目上の人に対して自分が何かをするときにへりくだる表現(自分)
・丁寧語 … 相手を問わず日常的に遣う「です」「ます」を付けたもの

■「了解しました」「承知しました」

実は前回の記事を書くに至ったのは、
これが一番言いたかったからと言っても過言ではないです。

お客さんや上司に対しても、
本当~~~~~っによく見ます聞きます「了解しました」「了解いたしました」と、
さも謙譲語のように遣ってるのを。

「承知しました」ですね基本的には。
「了解!」と言えない相手であれば「承知しました」を遣うように気をつけましょう。

■「ご苦労様です」「お疲れ様です」

これはビジネスマナーとしてよく目にする言葉だとは思いますが、
それでもなお結構いますよね「ご苦労様」の遣い手たちが。

よーくわかります。正直、自身も「ご苦労様です」っていう響きは丁寧な気がしてなりませんが、
ビジネスの場では社内や目下であろうと「お疲れ様」を遣うクセをつけた方が無難でしょうね。

■「参る」「伺う」

「行く」の敬語です。
客先訪問の際などによく耳目に触れる機会の多い言葉です。
お客様に言う「○○時に参ります」「○○時に伺います」は、
一瞬、”どちらも一緒”と思ってしまいますが、本来「伺う」が正しいです。

「参る」は丁重に相手に伝える敬語。
「伺う」は向かう先の相手に対しての敬語。

わかりやすい例えがありました。

○私はお手洗いに参ります。
×私はお手洗いに伺います。

■(相手が)「来る」

「来る」の謙譲語も「参る」です。
「行く」も「参る」、「来る」も「参る」ってややこしいですが、
「XXから参りました○○です」のようなことですね。
これは対象が”自分”です。

では相手の行動として「来る」を表現する場合はどうか。
尊敬語は「お越しになる」「いらっしゃる」です。(お見えになる、なども)
「来られる」は間違いではないかもしれませんが、あまり適当ではないように思います。

ちょくちょく耳にする「○○様が参られました」は間違いで、
「○○様がお見えになりました」
「○○様がいらっしゃいました」
などが正しいです。

■「お世話になります」

「間を取り持っていただいてありがとうございます」という意味です。
すでにお世話になってる相手に対する言葉なので、既存のお客様などに遣うものとなります。
初取引となる場合であれば「初めまして」などが適当です。

既存なら「なっております」、新規なら「なります」でよい気がしてしまうのですが、
あくまでも音からの感覚でしかないようですね。

※初対面でも、会社同士ですでに取引があるなら「お世話になります」で問題なしです。

■「指示」

使い方で気になるシーンをちょこちょこと見かけます。違和感ありありです。
※これはうちの社内だけかもしれませんが…

同僚や後輩にあたる人に対して「指示してくれたら・・・」とか、
同僚や先輩にあたる人に対して「指示させてもらいます」とか。

「指示」…こうせよと指図(さしず)すること。
⇒「指図」…言いつけてさせること。指揮。
⇒「指揮」…全体の行動の統一のため、命令して人々を動かすこと。
⇒「命令」…上位の者から下位の者に言いつけること。

行きつく先は”命令”でした。やはり問題ありですよね。
こういう場合、「依頼」の方がよいのではないでしょうか。

同僚や後輩にあたる人に対して「依頼してくれたら・・・」とか、
同僚や先輩にあたる人に対して「依頼させてもらいます」とか。

「依頼」…用件などを人にたのむこと。

■「存じません」「存じ上げません」

「知らない」の敬語です。
「存じ上げません」は、対象が人のとき。謙譲語なので、基本的に目上の人に対する場合です。
「存じません」は、物や場所を知らないことを伝えるとき。(人に対し遣うのも間違いではない)

■「申す」「申し上げる」

「言う」の敬語です。
「申す」は謙譲語Ⅱ(丁寧語)、「申し上げる」は謙譲語Ⅰ となります。

学校のお勉強をよくされた人はわかるでしょうが、自身は正直ちんぷんかんぷんです。
謙譲語Ⅰ … 向かう先に対する敬語(自分側の物事に「お」「ご」をつける)
謙譲語Ⅱ … 相手に対する敬語(「お」「ご」はつけず「小」「弊」などをつける)
なんだそうです。(わかりにくい…)

例えば”上司に言う”という表現もシチュエーションによって言葉が変わりますね。
ご本人に対してなら「XX課長、○○を申し上げます」
お客様に対してなら「課長のXXに、○○と申しました」

■「適切」「適当」

※ここで取り上げる「適当」は、ちょうどよく合うこと/ふさわしいこと、の方です。
(悪い意味での”いい加減”な方ではありません、念のため)

「適当」…ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。
程度などがほどよい、という意味もあります。
「適切」…状況・目的などにぴったりとあてはまること。

適当は適切よりも、ある程度の幅があってマッチ度が低いという感じでしょうか。
「適切」は”よく”あてはまる場合、「適当」は”何となく”あてはまる場合です。
これはニュアンスの部分が大きいと思うので、使う状況をよく見極めないといけませんね。

今日のところはこのあたりで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. だんごむし だんごむし より:

    私は「畏まりました」を愛用しています。「承知しました」は少し聞こえがきつく見えるので、やわらかい印象で使ってますが、使い方は正しいでしょうか?

    1. せっしー より:

      使い方は正しいでしょうけど、意図されているという、
      「承知しました」がきつく、「畏まりました」がやわらかい…は全然わかりません(笑)
      個人的には「畏まりました」はかなり硬い印象を受けるし、
      サービス業の方々は使われますけど、
      一般的なビジネスシーンでは、へりくだりすぎな気がしますがどうでしょうね。
      ※ただ、使うならせめて平仮名(かしこまりました)にしてほしいです

      ※口頭なら「承知しました」でも、メール(文)なら「承知いたしました」でしょうね。

  2. よっしー より:

    昨今(?)、美化語という分類もあるようで、学校でも教えられているようです。
    「植物に水をやる/あげる」や「弁当/お弁当」など。。。
    微妙な違いですが、このあたりも相手に応じて言葉を選んだ方がいいでしょうか?

    1. せっしー より:

      美化語っていうのを初めて知りました。
      「お・ご」の付けすぎは文面がうざくなりそうですが要所要所では効果的でしょうね。
      ただ、ビジネスシーンではそもそも謙譲語だと思うので、加えて美化語まではあまり意識する必要はないように感じますね。

コメントを残す

*