Googleアナリティクスとスプレッドシート連携で全社員向け資料を作ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん初めまして、自社ブログ初登場になります「みや」社員です。
自社ブログで何を書けばいいのかと考えている時に、人気記事の傾向やアクセス数などがわかると参考になりそうですよね。
(私だけかもしれませんが)

そんな理由から今回はGoogleアナリティクスをテーマにさせて貰いました。

アクセス解析に便利なサービスですが、弊社の場合は全社員が見れるようなアカウントではありません。

多くの企業でも同じ状況ではないでしょうか?

そこで今回は、Googleアナリティクスとスプレッドシートを連携させて、

・「月間の人気記事」

をスプレッドシートに出力し、自社のメールアドレスを持つ社員なら誰でも閲覧可能な資料を作ってみることにしました。
スケジュール設定も合わせて行うことで定期実行の作業を行うことも無くなり大変便利です。

Googleアナリティクスとスプレッドシート連携の記事は多くあると思いますが、
使えるパラメーターなどが変わっていたりもしますので2019年度10月版ということでご紹介致します。

概要

1.Googleアナリティクスを閲覧できるアカウントでスプレッドシートを作成する
2.スプレッドシートにGoogleアナリティクスアドオンを追加する
3.アドオンを使ってアナリティクスから必要なデータを取得する
4.取得したデータを使って見やすく整形を行う
5.定期的に自動実行する為のスケジュール設定を行う
6.スプレッドシートの共有で社員全員が見れる設定をする

手順

1.Googleアナリティクスを閲覧できるアカウントでスプレッドシートを作成する

「スプレッドシート」へのアクセスはこちらから
https://docs.google.com/spreadsheets/?usp=mkt_sheets

2.スプレッドシートにGoogleアナリティクスアドオンを追加する

アドオンメニューから「アドオンを取得」を選択します。

 

アドオン検索画面に「Google Analytics」を入力すると目的のアドオンが見つかりやすいです。

 

「個別インストール」を選び、アカウント単位のアドオン追加を行います。

 

アナリティクスにアクセス可能なアカウントで行っていれば権限問題はなさそうです。

 

正常にインストールが完了すると、下記の画面が表示されます。「完了」ボタンをクリックします。

 

これでアドオンの導入が完了しましたので、次からデータを取得する設定を作っていきます。

 

3.アドオンを使ってアナリティクスから必要なデータを取得する

アドオンメニューに「Google Analytics」の項目が追加されているので、「Create new report」を選択してアナリティクスのデータ取得設定を作っていきます。

 

まずは記事別のアクセス集計データを取得する設定を作成します。

 

「Select a view」エリアでGoogleアナリティクスのアカウントや対象サイトを選択します。
「Choose configuration options」エリアで取得するメトリックや、ディメンションを選択します。

 

最後に「Create Report」をクリックし、設定がシートに出力されるハズだったのですが、予期しないエラーが発生しました。

エラーメッセージ:「その操作を実行するには承認が必要です。」

なんですってー!?

 

ググってみたところ、Google Chromeを使っている場合は「シークレットモード」にすることでこちらのエラーは回避できるようです。

試してみると無事にエラーを回避することができました。先人達の教えに感謝です。

正常に設定が作られると、「Report Configuration」というシートが追加されて、以下のような内容が出力されます。

 

上記画像では「Order」の値に「-ga:pageviews」を追加で入力しています。

この設定追加で記事別の集計を「PageView」の値でソートがかかるようになります。

1つ設定ができたので、早速データ取得を行ってみましょう。

「アドオン」→「Google Analytics」→「Run reports」を選択します。

 

データ取得の設定に問題がなければ下記のようにレポート作成が成功します。
※3つのレポートが出力されていますが、「月次集計」「年次集計」という設定も存在している為です。
通常1つの設定につき1つのレポート作成されます。

 

新しいシート「記事別集計」が追加されました。

 

「Pageviews」のアクセス数を隠している為わかりにくいですが、「-ga:pageviews」を設定したおかげでアクセス集計順に記事タイトルが降順で並んでいます。これを見ると「audioタグの操作」に関する記事が最もアクセスを集めていることがわかります。

 

4.取得したデータを使って見やすく整形やグラフ作成を行う

このままでもランキングはわかるのですが、もう少し見やすくしたいと思います。
下記のように、別シートを作成してセル参照で必要なセルだけを抽出してから列の幅などの見た目を少し整えます。

 

よし!できた!というところですが、これは「月間のアクセス数ランキング」ということで直近の30日間のアクセス集計のデータになるので、毎日変動します。手作業で毎日データ取り込みを行わなくていいように自動実行のスケジュール設定もやってしまいましょう。

5.定期的に自動実行する為のスケジュール設定を行う

「アドオン」→「Google Analytics」→「Schedule reports」を選択します。

 

「Enable reports to run automatically」にチェックを入れ、実行頻度とタイミングを選んで「Save」を選択します。

 

特に「完了」などは表示されませんが、スケジュール設定は以上で完了です。

 

6.スプレッドシートの共有で社員全員が見れる設定をする

画面右上の「共有」ボタンを選択します。

 

弊社の場合は自社のメールアドレスを持つ全員が「検索、閲覧可」といいう設定で一旦様子をみようと思いますが、公開範囲が広すぎる場合は「ユーザー」欄から個別に公開先ユーザーを指定して公開する方法もあるようです。

 

長くなってしまいましたが、これで自社ブログの簡単な振り返りができるようになりました。

これからブログを書く人の参考データとなり、また既に書いた人にも投稿を振り返る材料になれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA