初めての海外 日本の経験[パート1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして。

ヴィジャイです。インド人です。
(ナンが無い所から来た南インド人です。ちなみに母国語でナンは[私]と言う意味です(笑))

私にとってはじめての海外は日本でした。

飛行機に乗ったのもはじめてでした。
迎えに来る人たちを見るまでとても緊張していましたが、その人たちを見て
「いよいよ来日したぞ」と感じました
(ちなみに、タイで乗り換えた飛行機が飛び立つ時はとても揺れて怖かった)。


空港から家に着くまでの道でたくさんの建物を見てびっくりしました。
インドの首都ニューデリーに一年ぐらい住んでいましたが、ニューデリーの建物とは比べものにならないほどたくさんの高い建物が並んでいました。大きな町は建物や道路ばかりだと思っていましたが、近くに川や公園などがあり、田舎のような雰囲気でしたので、思っていたのと違いました。

会社や兄が通っていた日本語学校へ行った時、「兄と似ているね」と言われましたが、そんなに似ているか?と思いました。初めてなので仕方がないと思いましたが、学校の時は教室に入ったとたん、一人の先生に「久しぶり」と言われて「ええええ!」とびっくりしました。

日本に来てから初めて行ったところは、梅田のスカイビルです。
こんなに高いビルもはじめてでした。とてもワクワクしていましたが、台風のせいで工事があり、屋上までは行けませんでした。「しょうがないな」と思ったまま30階まで行きましたが、30階からみた日の入りはとても良い景色でした(屋上に工事があってもとても混んでおり、行列に三十分ぐらい待たされました)。

友達とかいつも通っている学校の先生から「これから紅葉ですよ!どこにも行かないのといつも言われて(紅葉のこと全然知らない時)そんなにすごいことだったら絶対見たいなと思って(皆紅葉なら京都だと言っていました)京都行くためにいろいろな計画をしましたが、誰とも予定が合わなかったので、行くことができませんでした。

代わりに、先生と箕面へ行きましたが、まだ紅葉していませんでした。それで、多田神社に家族と一緒に行きました。やっと見れた紅葉はとてもきれいでした。

日本に来てすぐに地震がありました。新人会議の時地震が起こって怖かったです。しかし、先輩達と兄も笑っていました。それを見て(えええ)なんで笑っているのと思いました。私はその時になんで笑っているのかを聞きませんでした。私はこのことをずっと気になっていました。その時からもう三ヶ月経っています。今となってはなんで先輩達と兄は笑っていたのか理由がわかった気がします。それはなんでかと思うと先輩や兄は日本の生活に慣れていたので怖くなかったと思います。

私は先輩や兄みたいに日本の生活に慣れて仕事もプライベートも頑張っていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*